純ジャパの子供が英ペラに

~ 人気ページ ~

 今の時代、国際化を止めるのも、留学するな、と言うのも非現実的なことだとすれば、英語が使えるに越したことはありません。 だからといって、留学することで英語は身につくものなのでしょうか? 1~2年の滞在で小学校低学年程度の日常会話ができるようになったとしても、 日本に戻って話す機会がなくなると、ものの見事に忘れてしまいます。 それより、日本でもかなりのレベルまで、英語コミュニケーション能力を上げる方法があるということ、 その上で留学するなら、例え1年間の滞在でも言語能力の飛躍的な向上が望めるということ、 ちょっぴりためになるかもしれないお話しのはじまりです。

英語教育実践編 その1

 子供の英語教育では本当に苦労しました 。 まず、学校の授業だけでコミュニケーション能力をつけるのは難しいので、英会話スクールや英語塾等に行く事になりますね 。 そしてその日から、私の戦いがはじまりました! レッスン見学させてほしいと言えば、”ダメ” といわれる。 高額な授業料払うのに、子供がどんなレッスン受けるのか、知る権利あるぞ! 日本人教師を希望すると、子供さんにはネイティブ講師がいい!といわれる。  ばかだねえ~発音なんかテレビでもラジオでも聞ける今の時代ですよ~ 日本語もろくに話せないネイティブ講師が、子供にちゃんと教えられるわけがないのに。 週に1~2回通って、子供はオウム返しにしゃべるだけで出来るようになると思っているのがこわ―い!

 というわけで、徹底的にスクールで言われたことと反対のやり方をした結果, 純ジャパの子供はアメリカの一流大学でもOKという英語運用能力を身につけることができました。  ABCスタートは、もちろん中学生からでした。

英語教育実践編 その2

<赤ちゃん時代~>

 英語はもちろん、いろんな言語の歌を聞かせます。いいえ、ホントのところは親が好きで聞いてただけなんですが。 日本人歌手を例にとると、リズムの感じ方はたとえ現代っ子であっても、ON、OFでいえばオンなのです。 つまり、日本語はオンのリズムに乗ってこそ発音できるわけです。 その証拠に、ロックのリズムで歌われた日本語ラップは本来の日本語発音とはいえないですよね。 それに、オフのリズムを感じることで、聞こえる音(周波数の問題)もあるようです。 また、英語の場合は単語そのものにもリズム、大きな抑揚があります。 例えばstudy を平坦に「すたでぃ」と言ってしまうと日本語発音になってしまいます。 その発音で単語を並べて話すわけだから、話すスピードも遅くなります。 スピードがでないと、ますます日本語発音が強調されるという悪循環を招いてしまうので、 早い会話についていくのが大変になります。 だから発音に限っていえば、将来のための大事な時期かもしれません 。

<幼児期~小学生時代>

 あいかわらずいろんな国の音楽を聴くだけで、英語にかける教育費はまだ0円です。 ただひたすら母国語習得に励んでもらいましょう。

<中学時代~>

さぁて、ようやくスタート! あちこち駆けずり回り、優秀な日本人教師を捜します。 子供だから先生のレベルは気にしない父兄が多いようですが、 大人と違って子供には先生の良し悪しはわからないだけに親の責任は重大かも。 つまりは、英語に限らず子供の習い事こそ、ハイレベルな先生が必要なんです。 ちなみに我が子の場合、ネイティブ講師につくことはなかったですね。 耳さえ鍛えられていれば、(ラジオやテレビ番組、教材音源からの)ネイテイブの発音を聞くだけで真似できますから。 それ~に、根拠のないネイティブ信仰からも、いいかげん脱却しなくてはネ。

ところで、ハイレベルと一言でいうのは簡単なのですが、ここが一番難しいところなんです、ハイ! 英語って言葉、言葉は生きものだと思うんです。 若々しく言語センスに優れた先生を捜しましょう。 英語だけでなく複数の言語ができる先生ならいうことありません。

 というわけで、中学3年間、いい先生について文法を徹底的にすれば、そのあとは子供自身でやっていけます。 とはいっても、日本人だって高校生ぐらいになって何とか日本語がマスターできるのかな? いえいえ、この私だってまだできていません。 ってことは、日本人でも日本語を一日24時間10年以上かかって身に付けてきたことになるので、  英語を本物にするかどうかということなら、ここからが本当のスタート! でも、ここまでくるのもほんと大変なんですよね。

英語教育実践編 その3

それでは、センスのある先生ってどんな人? 「センスがある=違いがわかる」と思っています。 だから、英会話スクールだろうが、塾だろうが、トップクラスを受け持っている先生の個人レッスンにします。 この段階でのグループレッスンはお金と時間の無駄遣いだと思います。 もちろんレッスン料は高くなりますが、結果的にはそれが一番安上がりです。 そのような先生であれば、子供ひとりひとりの日本語能力、バックグラウンドをも視野に入れた指導ノウハウを持っているので、 効率の良いレッスンを受けることができます。 言語習得にはスピード感も必要(一定レベルに達するまでは)だからです。 それからもちろん、子供好きな先生であることはいうまでもありませんが。

 さ~て、このようなレッスンをネイティブ講師に求めるのは無理でしょ! だって日本人教師だからこそ、日本人が英語習得する大変さ、その方法もわかるので、ちゃんと教えられるのです。 英語が母語であるだけのネイテイブでは、話し相手になれても言語を系統だてて教えることはできません。 「楽しくフレンドリーに!」がモットーの、日本では英会話スクールでの仕事しかできないようなネイティブ先生ちゃん(?)ではなおさら難しいですよね。

 それでは最後に、もうひとつ! レッスンが始まって1~2ヶ月間は、親もレッスンを一緒に受けましょう。 スクール側からダメといわれたり、先生自身もいやな顔するようなところは止めた方が良いでしょう。 センスある先生なら、必ずと言っていいほど歓迎してくれるはずです。 先生がどのように伝え、子供がどう学んでいるのかを親が知ってこそ、家庭でのフォローもできるというものです。 秀才や天才でもない限り、30分位のレッスンを週1~2回では初歩的なことでさえ、なかなか身に付きません。 子供が波に乗るまで半年ぐらいは、親も家庭学習を一緒にするぐらいの気構えでいてください。 最初が肝心です、楽しく子供につきあいましょう!

【参考までに】

・「危うし!小学校英語 」鳥飼玖美子著

・「『英語公用語』は何が問題か」鳥飼玖美子著

・「英語・愛憎の二百年」(日本人はどうして英語が苦手なの?)鳥飼玖美子

・「英会話スクール・悪のマニュアル」柏木潤子著

page_top_icon.png